カラーテーブル

下のカラーテーブルから色を選ぶとRGB値を確認できます。

選ばれた色
RGB値

カラーテーブル(ウェブセーフカラー216色)




さっき選んだ色

色の数値表現

コンピュータの世界では、色を表す数値として「RGB値」が一般的に使われています。

R:レッド,G:グリーン,B:ブルーをそれぞれ256段階の数値で表し、加法混色することで色を再現します。

また、1~255の数値を16進数の00~FFで表すこともあります。特にウェブの世界では、「#FFFFFF(白色)」のように、頭に#(シャープ)をつけて、 次にR2桁、G2桁、B2桁の順に数値を繋げて色を指定しています。

256×256×256=16,777,216種類の色を数値表現できることになるのですが、実際の色表現はディスプレイの性能に左右され、異なる環境では色の見え方は違ってしまいます。ハイビジョン録画した映像を、ハイビジョン対応のテレビで見るのか、アナログテレビで見るのか、もっと言えばモノクロテレビで見るのかで画質は格段に変わってしまうのと同じことです。

そのため、そういった色の差異を低減するためウェブで色を使う場合は、ウェブセーフカラーが推奨されています。

ウェブセーフカラーはR,G,B,それぞれを各「00,33,66,99,CC,FF」の6段階、つまり6×6×6=216色で表す色で、異なる環境でも同じように表現できます。

最近では、ディスプレイの高性能化が進み、より多くの色表現が可能になりましたが、人間の目で色の違いを認識するにも限界があるというのも事実です。

例えば、カラーテーブル右上の「#66FF00」と、その下の「#66FF33」の違いがわかるでしょうか?

top