Artistic Jam | QRjam | Wcheck | Gcheck | Ycheck | Ima No Hito | JamForm

JamForm ver1.5

ジャムフォームの使い方

準備.使い始める前に

利用規約を確認してから、ご利用ください。

ジャムフォームは、PHP(もしくはPerl/CGI)で作成されたフォームを出力するプログラムです。出力されたフォームを利用するには、PHP(もしくはPerl/CGI)実行環境が必要です。

また、ジャムフォームはJavaScriptが実行可能なブラウザでのみ動作します。ご了承くださいませ。

top

step1.基本情報の入力

4つの基本情報を入力してください。

  • サイトのタイトル

    フォームを設置するサイトのタイトル。フォームの左上に表示されます。

  • サイトのURL

    フォームを設置するサイトのURL(トップページなど)。サイトタイトルのリンクになります。

  • 送信先メールアドレス

    作成したフォームに入力があった場合、このメールアドレスに入力内容が送信されます。問合せ担当者などのアドレスを設定してください。

  • フォームの名前

    フォームの名前です。「お問合せ」や「お見積り」「アンケート」など。

top

step2.フォームの質問項目を設定してください。

フォームを設定していきます。「項目を追加」のボタンで質問項目を増やすことができます。

項目が追加されると、編集用パネルも開くので、パネルを使ってプロパティを設定していきます。

パネルは「閉じる」ボタンで閉じ、「編集」ボタンで再び開くことができます。「削除」ボタンで質問項目を削除できます。

top

step3.フォームをダウンロード。

フォームの設定が完了したら、「Download」ボタンを押してください。

「index.php(もしくはindex.cgi)」というファイルをダウンロードします。

このファイルをサイトに設置するだけでも、フォームとして機能しますが、より洗練されたデザインで表示するため、「デザインキット」もダウンロードしてください。

「デザインキット」はスタイルシート(CSSファイル)と背景画像(JPGファイル)で構成され、zip形式で圧縮しています。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、解凍されたデザインキットフォルダのなかに「index.php(もしくはindex.cgi)」を入れます。

フォルダごと、あなたのサイトに設置すれば完了です。

「index.php」やフォルダの名前はご自由に変えてください。

top

動作しない。エラーがでる時は?

お使いのサーバ環境を確認してください。

ファイル名やファイルの属性(推奨:744)、ファイルパスを確認し、場合によっては、ダウンロードしたファイルの設定をお使いのサーバ環境にあわせて変更してください。

top

このサイトについて- お問合せ- ウェブツール- サイトマップ